ホーム   »  アクション
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
好きな映画、心に残る映画の紹介です。

1988年 アメリカ

監督 クリストファー・ケイン

出演者

エミリオ・エステヴェス
チャーリー・シーン
キーファー・サザーランド
ルー・ダイアモンド・フィリップス

younggun

<あらすじ>
1878年、アメリカ西部開拓時代、ニューメキシコ州リンカン郡は2つの勢力が対立していた。
そのひとつの勢力の中心人物であるジョン・タンストール(テレンス・スタンプ)はドク(キーファー・サザーランド)とよばれる若者とともに町へやってきた。

その時、激しい撃ち合いの中、一人の若者を助ける事に。
このウィリアム・H・ボニー(エミリオ・エステヴェス)と名乗る若者こそ、後のビリー・ザ・キッドである。

タンストールは荒くれ者たちを更生させ、自分の牧場を手伝わせており、そこにビリーを連れていく事になった。
その軍団こそが「ヤングガン」と名乗る集団であった。

当時、問題児であり、よく他のヤングガンたちともめていたが、タンストールのもと、少しずつ一人の人間として成長していくビリー。

そんな折、この町のもうひとつの勢力マーフィ(ジャック・パランス)一味の陰謀により、タンストールは命をおとしてしまう。

彼の友人である弁護士により、保安官代行となった彼らは犯人逮捕に向かうが、ビリーが一人を撃ってしまう。
激しい銃撃戦の末、彼らは逆におたずね者となってしまった。



<コメント>
とにかく大好きな映画です。
出演者もそうそうたるメンバーです。

ビリー・ザ・キッド役のエミリオ・エステヴェス、彼の映画人生の中で一番のはまり役ではないでしょうか。
ちなみに彼はチャーリー・シーンの実兄です。(似てませんけどね。お父さん似かな)

物語はおたずね者になってからビリー・ザ・キッドの本領発揮という感じです。
もはややりたい放題。

他のヤングガン達にも見放されかけます。
もちろん、彼らにも守るべきもの、愛すべきものがあるのです。

いろんな苦悩の末、最後はタンストールのため、自分のため一致団結して立ち上がっていきます。
ラストシーンに向けてだんだん盛り上がっていく様は爽快です。

しかし、良くも悪くも最後までビリーはビリーでした。
エミリオ・エステヴェス、好演です。


この後、「2」もできるほど、評判のいい映画でした。

「2」はまた、後ほど。


●もしよかったら下の「おすすめ映画」ボタンをクリックしてください。
ランキングに参加してます。●

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
好きな映画、心に残る映画の紹介です。

1999年 イギリス

監督
ガイ・リッチー

出演者
ニック・モラン
ジェイソン・ステイサム
ジェイソン・フレミング
デクスター・フレッチャー

rockstock

<あらすじ>
何とか10万ポンド用意した悪仲間4人組みは、街を仕切っているハチェット・ハリーに賭けを挑んだが、仕組まれたイカサマにより50万ポンドの借金を背負う羽目になってしまう。

その時、4人組みの一人が隣人が大麻の売人を襲撃するという情報を聞き、それを利用する計画を立てる。
作戦はまんまと成功したのだが・・・。

その後、大麻の元締めにばれ、4人組みに復讐しようとする。おまけに隣人にも自分たちを襲った相手がこの4人組みだとばれ、話はだんだんあらぬ方向に。

さらにこの他にもパラレルに展開するいろんな話。4人組みの運命は?



<コメント>
いやいや、よくここまでまとめたもんだ。テンポもよくストーリーもよく、キャラクターもいいとくれば、面白くない訳がない。
愛すべき4人組みはとにかくかっこいい。
もう、ここまで、気持ちよくすかっとする映画もそんなにないだろうな。

常にこの4人組みを軸にストーリーが進んでいくので、これだけいろんな人間が出てきても訳わからなくなる事はまずありません。

ちょい役でポリスの「スティング」が出演してます。
ちょい役とはいえ、重要な役どころなんですけど。

今でも、たまに見てます。大好きな映画です。


●もしよかったら下の「おすすめ映画」ボタンをクリックしてください。
ランキングに参加してます。●

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村
好きな映画、心に残る映画の紹介です。

2003年 韓国

監督
パク・チャヌク

出演者
チェ・ミンシク
ユ・ジテ
カン・ヘジョン
チ・デハン

oldboy

<あらすじ>
ある日、普通で平凡な生活を送っていたオ・デスは何者かに突然誘拐される。
何も状況がわからないまま、15年後、いきなり開放される。
そこから、自分が監禁された理由、開放された理由を探すことに。

しかし、それはある出来事から発展した大掛かりな復讐劇だった。



<コメント>
ある意味、一番衝撃を受けた作品かも。すべてがつながった瞬間は、鳥肌がたちました。
原作が日本の漫画というのは有名な話。

「なぜ監禁されたかより、なぜ開放されたのか」
この映画のキーワードです。

開放されてからの5日間はとてもスピード感があってとても面白かったですね。
しかし、ここまでやるか普通って思ってしまいますね。

ラストシーンはもしかしたら、賛否両論あるかも。
そういう自分も最後はあれでよかったのかなって、未だによくわかってません。


●もしよかったら下の「おすすめ映画」ボタンをクリックしてください。
ランキングに参加してます。●

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村
好きな映画、心に残る映画の紹介です。

1975年 アメリカ

監督
シドニー・ルメット

出演者
アル・パチーノ
ジョン・カザール
チャールズ・ダーニング
クリス・サランドン

ookamitatinogogo

<あらすじ>
ある暑い夏の日、ニューヨークのブルックリンにある小さな銀行に3人組の強盗が押し入った。
もちろん、銀行の金を盗むのが目的だが、いろんなトラブルが発生してしまう。
まず、仲間の一人が怖気づき、逃げ出してしまう。
さらに金庫には大金がすでに他に移された後で、何も無く、ばたばたしているうちにあっという間に警官隊に囲まれ、結局、人質をとって立てこもるといった最悪の状況になってしまった。

主人公であるソニー(アル・パチーノ)は銃を手にしながらも手荒な銃弾は選ばず、頭に血が上りやすい相棒のサルを落ち着かせ、安全に脱出する事を考える。

集まってきたヤジウマやマスコミに次第にヒーローに祭りあげられていく、彼らの運命は?



<コメント>
原題は、Dog Day Afternoon。
「dog day」とは、夏の暑い時期のことです。

この映画、もしかしたら今までで一番見た映画かもしれません。
ソニーはあらすじにも書きましたが、人質に手荒な事はせず、いらいらする相棒を説得し、だんだん観衆のヒーローのようにまつられていきます。

銀行の中でもいわゆる「ストックホルム症候群」のような状況になり、ソニーは人質にもいいイメージをもたれていきます。
ただ、このソニーは圧倒的に強い人間ではありません。
いろんな問題の狭間で彼はどういう行動にでるのか。若き日のアル・パチーノはすばらしい演技を見せます。

さてラストはどうなるか。

ちなみにこの事件、事の発端は犯人のゲイの恋人の手術代欲しさだそうです。

もうひとつちなみに、これは実際にあった事件です。

プロフィール

シネマ77

Author:シネマ77
好きな映画、心に残る映画の紹介ブログです。個人的な意見、感想をつづっています。
最新映画情報ものせています。
--------------------------------
最新映画情報は、こちら!

映画.com トピックス
人気キーワード
映画Twitter
最新トラックバック
検索フォーム
スポンサードリンク
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。