ホーム   »  2011年07月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
好きな映画、心に残る映画の紹介です。

1986年 アメリカ

監督
ロブ・ライナー

出演者
ウィル・ウィートン
リバー・フェニックス
コリー・フェルドマン
ジェリー・オコンネル
キーファー・サザーランド

standbyme

<あらすじ>
ゴードン・ラチャンス。この物語の語り部である。(この時点では妻子持ちの作家)

ある日、ゴードンは新聞で弁護士のクリストファー・チェンパーズという人物が刺殺されるというニュースを目にする。

クリストファーはゴードンの幼き日の親友であった。

12歳の頃、ゴードンはオレゴン州キャッスルロックの田舎町に住んでいた。
ゴーディ、クリス、テディ、バーンの4人は、なぜかうまが合いいつも一緒にいた。

悪ぶってタバコを吸ったり、木の上に秘密小屋を作って遊んだり。

ある日、バーンが兄たちの会話から、最近行方不明になっている少年が30km先で列車に跳ね飛ばされ、いまだ見つかっていないという情報を聞く。

彼らは『死体を見つければ英雄になれる』と思い込み、線路づたいに死体探しの旅に出るのだった。



<コメント>
まず、この作品、原作がスティーヴン・キングです。
「恐怖の四季」に収められていた秋の物語「The Body(死体)」という物語です。

子供の頃、何気なく毎日を楽しく過ごしていて、ある日なんか刺激が欲しくなってしまう事ってありましたよね。今、思えば無茶な事も。

まさにそれが「スタンド・バイ・ミー」です。

線路を伝って死体を捜しにいくんです。

ところが死体を見つけた時、ある事件が.....。


彼らは死体を捜しにいく途中、あるいは死体を見つけてから、あるいは帰路につく途中いろんな事を考え始めます。

12歳、少しずつ大人になる年ですね。

ちなみに若くして亡くなった、リバー・フェニックス
当時、悪役のほうが圧倒的に多かった、キーファー・サザーランド

などが出演しています。


●もしよかったら下の「おすすめ映画」ボタンをクリックしてください。
ランキングに参加してます。●

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

シネマ77

Author:シネマ77
好きな映画、心に残る映画の紹介ブログです。個人的な意見、感想をつづっています。
最新映画情報ものせています。
--------------------------------
最新映画情報は、こちら!

映画.com トピックス
人気キーワード
映画Twitter
最新トラックバック
検索フォーム
スポンサードリンク
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。