ホーム   »  2011年07月03日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
好きな映画、心に残る映画の紹介です。

2000年 アメリカ

監督
ラッセ・ハルストレム

出演者
ジュリエット・ビノシュ
ジョニー・デップ

choco

<あらすじ>
北風が吹く寒い日、フランスのある村にやってきたヴィアンヌとアヌークの親子。
ヴィアンヌはそこでチョコレートショップを開店する。

だが、ミサにも参加しようともせずアヌークを連れたヴィアンヌを、村長のレノ伯爵は受け入れようとしない。
ましてや、今は断食の期間。

しかし、ヴィアンヌの明るい人柄、そして美味なチョコレートのおかげで村人の退屈な生活が変わり始める。
そんな様子を見て村長はヴィアンヌと楽しそうな村人たちの様子に苛立ちを募らせ、そして…。



<コメント>
すみません。この映画を見て初めてこのジュリエット・ビノシュという女優を美しいと思いました。
ましてヴィアンヌというキャラクター、どんな人でも好きになってしまうのでは。

少しずつ村長のレノ伯爵から村人が解放されていく様はよく描けていると思います。

宗教と人間関係の複雑な絡み合いがこの映画のテーマですが、そのあたりを重くならないようにヴィアンヌとチョコレート(ショコラ)がうまくさばいている感じです。

途中から登場する村にやって来た流浪民のルー(ジョニー・デップ)はヴィアンヌと恋仲になっていきます。
最初はこのキャラクターって必要?って思っていたんですけど、ルーの登場により、また村人の感情の変化、大人の事情に飲み込まれていく子供たちなどいっそううまく引き出せているのかなって思いました。

でも、このチョコレート、甘いものが苦手な僕でもほんと美味しそうです。
タイトルが「ショコラ」っていうのも素敵だと思います。

もしかしてこの映画のほんとのテーマは「幸せ」なのかも。
何と言ってもキーワードは「人間性とは、何を受け入れるか」ですから。


●もしよかったら下の「おすすめ映画」ボタンをクリックしてください。
ランキングに参加してます。●

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

シネマ77

Author:シネマ77
好きな映画、心に残る映画の紹介ブログです。個人的な意見、感想をつづっています。
最新映画情報ものせています。
--------------------------------
最新映画情報は、こちら!

映画.com トピックス
人気キーワード
映画Twitter
最新トラックバック
検索フォーム
スポンサードリンク
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。