ホーム   »  2011年07月21日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
好きな映画、心に残る映画の紹介です。

2010年 日本

監督
中島哲也

出演者
松たか子
岡田将生
木村佳乃

kokuhaku

<あらすじ>
ある中学校の終業式後のホームルームで、1年B組の担任・森口悠子(松たか子)は、37人の生徒を前に語り出す。
私の娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです……。

森口は二人の男子生徒によって娘は殺されたと告白する。
名前は明かさなかったが、クラス全員にその人物が誰かはわかるように。

そして、ある方法により二人の男子生徒に対する復讐が始まっている事を告げる。


その後、相変わらず学校へ来ていたが、もう一人は不登校に....。


森口は、警察には何も言わず、いろんな人間を巻き込み、罪を犯して反省しない犯人に対し想像を絶する方法で罰を与える……。



<コメント>
想像を超える復讐劇ですね。

松たか子さんのたんたんとした演技が余計怖さをかきたてます。
この辺は監督の狙いなんでしょうね。

原作の雰囲気もいい感じで反映されていると思います。

もちろん、キャラクターが増えていたり台詞が少し変わっていたりと手を加えている部分はありますが。

もしかして、この映画を見てちょっと現実的じゃないって思う人もいると思います。
が、これは事件を描いているのではなく、森口 悠子という一人の教師の復讐劇です。

構成を章分けにしてあるところも面白いですね。
つまり、章によって焦点を変えるというオムニバスのようなつくり方にしてあります。

もちろん、一環して森口 悠子の影はそこに存在するんですけど。

あと、小さなエピソードが後々重要になってきたりと、本当によく考えて作られている映画だなと思います。

個人的に近年見た邦画ではNo.1です。

カテゴリー分けがちょっと難しい映画ですね。


●もしよかったら下の「おすすめ映画」ボタンをクリックしてください。
ランキングに参加してます。●

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

シネマ77

Author:シネマ77
好きな映画、心に残る映画の紹介ブログです。個人的な意見、感想をつづっています。
最新映画情報ものせています。
--------------------------------
最新映画情報は、こちら!

映画.com トピックス
人気キーワード
映画Twitter
最新トラックバック
検索フォーム
スポンサードリンク
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。