ホーム   »  2011年08月20日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
好きな映画、心に残る映画の紹介です。

2003年 アメリカ

監督
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ

出演者
ショーン・ペン
ナオミ・ワッツ
ベニチオ・デル・トロ

21g

<あらすじ>
余命1か月と宣告され、心臓のドナーを待つ大学教授のポール。
夫と二人の子供と幸せで平凡な日常を送っているクリスティーナ。
前科持ちだが、今は神への信仰を生きがいに家族と暮らしているジャック。

ある日、ジャックは悲劇的な事故をおこしてしまう。
クリスティーナの夫と娘を轢き逃げしてしまうのだ。

クリスティーナは悲観のあまり、ドラッグに再び手を出してしまう。

しかし、夫の心臓はポールに移植され、彼の命を救う。

この事故をきっかけに3人の運命を変えていく。


<コメント>
タイトルの21グラムって何の重さ?
まず最初に思う事です。それは人が死んだ時、軽くなる重さです。いわゆる魂の重さです。最初は3人のストーリーがオムニバスのように進んでいき、時間軸も微妙な感じなんですが、訳がわからなくなるなんて事はなく、話のもっていきかたが秀逸です。

ほんとに命の重さ(21グラム)を考えさせられます。

人は他人によって良くも悪くも人生が変わっていくんですね。


●もしよかったら下の「おすすめ映画」ボタンをクリックしてください。
ランキングに参加してます。●

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

シネマ77

Author:シネマ77
好きな映画、心に残る映画の紹介ブログです。個人的な意見、感想をつづっています。
最新映画情報ものせています。
--------------------------------
最新映画情報は、こちら!

映画.com トピックス
人気キーワード
映画Twitter
最新トラックバック
検索フォーム
スポンサードリンク
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。